• 印刷する

ソウル市、1.5万台のエコカーに補助金支給

ソウル市は11日、市民や市に事業所を置く法人企業を対象に、電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)に対する補助金支給の受付を開始した。今年は1万4,000台が対象で、市が過去10年間に支給した規模(1万1,512台)を上回る。大気汚染の原因とされる古いディーゼル車からエコカーへの転換を促す。

内訳はEVが1万3,600台、FCVが307台。1台当たりの補助金は、EVの場合、セダンタイプが1,206万~1,350万ウォン(約120万~132万円)、軽タイプが200~230万ウォンとなる。FCVは、車両価格の約5割に相当する3,500万ウォンを支給する。補助金は、政府と市が2対1の割合で、それぞれ負担する。

EV向け充電ステーションも294カ所増やす。内訳は、144基が急速充電器、150基が緩速充電器となる。市は昨年まで721基の充電ステーションを設置している。

市はほかにも、EVタクシーは昨年比30倍の3,000台、EVバスは3.3倍の100台に、補助金支給対象を拡大する。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

韓国車販売が11カ月連続減 現代自不振、来年はさらに逆風か(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

現代自が投資増額、電動・スマート化に拍車(12/06)

11月の日本車販売、不買運動で56%減(12/06)

SKトップの離婚騒動、妻が訴訟で意趣返し(12/06)

60歳の平均余命25年、10年前より2.4年長く(12/06)

新韓銀行、カンボジアで電子決済サービス(12/06)

フィンテック企業育成、規制を緩和(12/06)

SKイノ、中国に海外初バッテリー工場竣工(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン