• 印刷する

首都で人気アパート5物件、月5千人が検索

アジアや南米など新興国の不動産情報サイト「Lamudi」は、インドネシアの首都ジャカルタにある分譲アパートについて、インターネットの検索件数が最も多かった5物件を紹介した。最も人気が高かった物件は、月平均5,400人が検索していた。

Lamudiは、ジャカルタで販売中の分譲アパートを対象に、米検索サイト『グーグル』による検索件数に基づき人気物件を調べた。それによると、最も人気の高かったのは、住宅物件と商業施設の複合施設である東ジャカルタの「バスラ・シティー」だった。

Lamudiによると、インドネシアの分譲アパートは、2017年には月平均2万8,300人が検索していたが、18年には3万6,100人に増えた。オフィス地区や商業施設に近く、利便性の高いエリアは、住宅物件の需要は引き続き高いという。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

米エクソン、下流事業に多額投資を準備(21:12)

銀行から保険料徴収へ、破綻のリスク回避(21:12)

AD措置を正式決定、日欧などのステンレス(16:44)

過去5年の首都圏の交通違反、二輪車が最多(21:35)

テイクオフ:「『パギ(朝、またはお…(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

ガルーダ、乗客への告訴撤回 インスタ投稿問題で、初動に批判(07/22)

EV開発促進策ほぼ完了=ルフット調整相(07/22)

KDDI、PtoP事業運営社に出資(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン