• 印刷する

首都で人気アパート5物件、月5千人が検索

アジアや南米など新興国の不動産情報サイト「Lamudi」は、インドネシアの首都ジャカルタにある分譲アパートについて、インターネットの検索件数が最も多かった5物件を紹介した。最も人気が高かった物件は、月平均5,400人が検索していた。

Lamudiは、ジャカルタで販売中の分譲アパートを対象に、米検索サイト『グーグル』による検索件数に基づき人気物件を調べた。それによると、最も人気の高かったのは、住宅物件と商業施設の複合施設である東ジャカルタの「バスラ・シティー」だった。

Lamudiによると、インドネシアの分譲アパートは、2017年には月平均2万8,300人が検索していたが、18年には3万6,100人に増えた。オフィス地区や商業施設に近く、利便性の高いエリアは、住宅物件の需要は引き続き高いという。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

バリ州都の近代小売店、レジ袋使用が9割減(02/22)

国道23 キロをプラ混合アスファルトで舗装(02/22)

パティンバン港を経済特区へ 西ジャワ州、東部に産業地を提案(02/22)

ホンダ、MPVなど2車種マイナーチェンジ(02/22)

政策金利、3カ月連続6.0%で据え置き(02/22)

ニールセン消費者信頼感、世界3位(02/22)

国内タイヤ工場の稼働率、6割に低迷(02/22)

政府が石油・天然ガス探査に11億米ドル支出(02/22)

西ジャワ空港、貨物便就航で収益向上へ(02/22)

宅配業者、航空輸送費値上げで陸海利用拡大(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン