ソーダ税が4月に導入、糖類摂取でマは4位

マレーシア政府は4月1日から糖分入りの清涼飲料にいわゆる「ソーダ税」を課税する。清涼飲料100ミリリットル当たり5グラム以上の糖分を含んでいれば、1リットル当たり40セン(約11円、1リンギ=100セン)の税を課す。国民の健康意識の向上や生活スタイルの改善を狙う。 スタ…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもの頃はよく「光化…(09/24)

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

国産品を中国で売り込み アリババのプラットフォーム活用(09/24)

消費者の7割、キャッシュレス決済可の店選好(09/24)

RM1=25.7円、$1=4.18RM(23日)(09/24)

シンガポールとトルコ製鉄筋に反ダンピング税(09/24)

泰との共同開発海域、R&Dに400万ドル支援(09/24)

新たな海事基金を業界歓迎、15億リンギ規模(09/24)

エアアジア、越ダラット便を12月就航(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン