• 印刷する

テイクオフ:食事の配達サービス「グ…

食事の配達サービス「グラブフード」をよく利用する。普段は出掛けないエリアにある店の料理も試せるのでなかなか重宝している。

ただ、難点は「ラストマイル」の弱さだ。配送先にはブロック番号や階数などを正確に記入しているにも関わらず、100%の確率で「部屋番号は」とドライバーから電話が来る。「確認するより、とりあえず聞いてみよう」という感覚なのだろうか。母語でない英語に目を通すのが面倒なのは理解できるが、こうした「あと少し足りない忍耐力」は物流だけでなく、世の中のあらゆるインフラを脆弱(ぜいじゃく)化させている気がしてならない。

こんな不満を友人に話すと、注文後に必ず配達先の詳細をメッセージ機能で送信しているとの返答が。先回りのマネジメントが不足していたのだろうか。こちらの非と認めるべきか、いまだ考えあぐねている。(理)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:札幌の実家にエアコンが…(06/17)

ドライバーの契約解消5割も 配車サービス、免許義務化で試算(06/17)

太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

RM=25.9円、$=4.16RM(14日)(06/17)

メルセデス、域内初のフル電動SUVを発表(06/17)

ペトロナス、石化貯蔵施設が国内最大規模に(06/17)

開発大手エコワールド、中国電建と合弁設立(06/17)

建設GDB、首都圏で29億リンギ相当入札(06/17)

THヘビー、インド沖のオフショア建設受注(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン