【解説インドのM&A】基本合意のポイント

第5回 2018年、インドのM&Aは空前の活況を呈し、過去最高の取引額を記録した。本年も引き続きM&Aの動向が注目される。インドでもM&Aがいよいよ身近なものとなりつつある中、その全体プロセスを俯瞰し、概要を把握しておきたい。 その全体プロセスの中盤戦で、極め…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:4月11日の第1回投票…(05/23)

対印投資、米中摩擦回避で急増 18年は3.6億ドル、今年も上積みへ(05/23)

与党勝利で株価上昇へ 年内40000台到達も(05/23)

下院選23日開票、出口調査は政権維持の勢い(05/23)

州を越えた車両登録手続き、道路省が検討(05/23)

独ボッシュ、昨年度は増収増益(05/23)

自動車バルブのレーン、昨年度は赤字継続(05/23)

バジャジ、プネで小型四輪キュートを発売(05/23)

家電バジャジ、昨年度は純利益が倍増(05/23)

西部の太陽光発電所、タタが25万kW落札(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン