• 印刷する

テイクオフ:「新中華街」に変貌した…

「新中華街」に変貌した埼玉・西川口。春節(旧正月)前日の夜、一人で小さな料理屋に入った。中国の知人から「友達が『麻辣湯』の店を開いた」と聞いたからだ。

以前は風俗店だったらしい。ドアを押すと、中年の女性が戸惑った表情で近づいてきた。見慣れない客に、不安そうに東北なまりの中国語で話しかけてくる。「友達」の名を告げると、言葉が通じた安心感からか急に笑顔になり、「自分の娘だ」と呼んでくれた。短い髪を銀色に染め、目が大きな女性で26歳。日本語が分からない両親は、去年に黒竜江省から娘を頼って移り住み、孫を世話しながら店番をしている。

店で流れるは中国の大みそか特番「春節聯歓晩会」。「こっちの席の方が見やすいよ」と、最後の客になったこちらを一家だんらんの席に誘ってくれた。古里を離れた家族の将来は。思いを巡らせると、少し切なかった。(卓)


関連国・地域: 中国日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

プノンペン特区社が新会社 SEZ開発加速、非土地販売も強化(02/18)

【書籍ランキング】1月31日~2月6日(02/18)

【EV化に挑む】日系の電動三輪がゆく(下) 車両どう活用、金融機関と協業へ(02/18)

三思会がクリニック開業、医療法人で初認可(02/18)

プノンペン特区社、18年通期は純利益3倍へ(02/18)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(02/18)

地方大学でIT人材発掘 日本企業、AP州で就職説明会(02/18)

日豪褐炭水素計画に環境認可 2020年生産開始に向け前進(02/18)

日本支援のマニラ南北通勤鉄道が着工(02/18)

フェローテック、韓国関連会社が法違反起訴(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン