製薬大手3社が増収、主力品好調

【共同】製薬大手4社の2018年4~12月期連結決算が4日、出そろった。国内の薬価引き下げの影響を受けたが、主力薬が好調だった武田薬品工業とアステラス製薬、エーザイの3社が増収を確保した。純利益は欧州大手シャイアーの買収関連費などで武田が減少したが、残る3社は増益だ…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本のお盆休みは、台湾…(08/19)

坂東電線がサワンナケートに工場開設(08/19)

日本の対カンボジア貿易額、上半期は17%増(08/19)

【書籍ランキング】8月1日~8月7日(08/19)

シャープ、台湾市場に全力 アクオスR3を海外初投入(08/19)

大使館、襲撃現場付近への渡航に注意喚起(08/19)

超小型EV開発進む、近距離移動や大事故回避も(08/19)

米中摩擦の早期解消に期待、大統領(08/19)

WAガス田権益入札11月、日本企交え本格化(08/19)

メキシコが5年ぶり利下げ、8%に(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン