三菱電が業績下方修正、米中摩擦響き2度目

【共同】三菱電機は4日、2019年3月期の連結業績予想を下方修正し、純利益を従来の2,400億円から2,250億円に引き下げると発表した。米中貿易摩擦などが響き、昨年10月に続いて2度目の引き下げとなる。4日は電機大手7社の決算が出そろう。 スマートフォンの生産などに使うファ…

関連国・地域: 中国日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス航空、2都市と熊本間に直行便就航へ(07/24)

日韓関係が企業に影響、CM中止や航空便運休も(07/24)

介護「特定技能」試験、ヤンゴンで初開催へ(07/24)

EV充電網に広がり 官民で推進、1千カ所の大型整備も(07/24)

大統領演説に一定評価 国内外商議所、税制改革は濃淡(07/24)

日本製品不買、観光に拡散 長期化なら韓国にも悪影響(07/24)

中国版ナスダックが始動、対米にらみ企業育成(07/24)

酒井重工業が製販体制を増強 新工場開所、年産能力を倍増(07/24)

サンキョウと京阪がコンド建設、合弁2軒目(07/24)

三菱地所、地場不動産ベンチャーに出資(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン