電機5社減益、米中摩擦が影響

【共同】東芝を除く電機大手7社の2018年4~12月期連結決算が4日出そろった。米国との貿易摩擦に伴う中国経済減速の余波が表れ始め、パナソニックなど5社の純利益が減少。三菱電機などが19年3月期の業績予想を相次いで下方修正し、先行き懸念が広がっている。 パナソニックの4…

関連国・地域: 中国日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

日通、多機能倉庫を建設 12月稼働、柔軟対応で需要開拓(02/21)

中台勢がテレビ市場席巻、国内大手は高級路線(02/21)

テイクオフ:大統領選まで2カ月を切…(02/21)

三菱重の業務用空調販売へ 上洋、回帰投資や飲食業需要に対応(02/21)

ドンキがタイ1号店オープン 域内2カ国目、他店の半額以下も(02/21)

ダバオを成長地域のハブに 注目浴びるミ島の潜在力(上)(02/21)

年功補償の実施延期案も、官民合同会議(02/21)

日本企業の英離れ拡大、EU離脱で戦略見直し(02/21)

「MUJI」、20年にHCM市でオープンへ(02/21)

ダイムラー、ふそうの電気トラックを投入へ(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン