• 印刷する

《日系進出》中国電力、水力発電事業に参画

中国電力(広島市)は1日、インドネシアで水力発電事業に参画すると発表した。海外で水力発電事業に投資するのは初めて。

参画する北スマトラ州フンバン・ハスンドゥタン県のパカット発電所は、現地の発電事業会社エネルギー・サクティ・セントサが2016年4月から営業運転しており、インドネシアの国営電力PLNと30年間の売電契約を締結している。出力は1万8,000キロワット。

中国電力のシンガポール子会社が1月31日、水力発電会社ケンチャナ・エネルギ・レスタリ(KEL)と、同社が持つエネルギー・サクティ・セントサの発行済み株式の25%を取得する売買契約を締結した。取得額は非公表。中国電力の関係者によると、株式は3月末をめどに取得する。

中国電力は同時に、KELに水力発電事業全般に関して助言を行うアドバイザリー契約も締結した。中国電力は、今後KELが予定する水力発電事業への参画についても検討を進める。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:大統領選まで2カ月を切…(02/21)

パパママストアに変革(下) ワルン・ピンタール創業者に聞く(02/21)

ダイハツ小売り台数、1月はシェア18.7%(02/21)

豪との貿易協定締結で自動車の輸出拡大か(02/21)

完成車輸入、5カ月連続で1万台突破(02/21)

首都―スラバヤ間の高速バス運行を検討(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

首都公共バス、目標乗客数22%増の2.3億人(02/21)

北スマトラの港湾旅客ターミナルの改修完了(02/21)

エネ鉱相令、屋上太陽光発電の障害に(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン