シャープが中期経営計画見直しも、再建正念場

【共同】シャープが再び業績予想の下方修正に追い込まれた。これまで台湾・鴻海精密工業の傘下で経営再建を進めてきたが、強まる逆風に、2020年3月期に売上高3兆2,500億円を目指すとしてきた中期経営計画も下方修正を余儀なくされかねない情勢だ。戴正呉会長兼社長は一段のコスト…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年に入り、台湾で児童…(02/21)

中台勢がテレビ市場席巻、国内大手は高級路線(02/21)

三菱重の業務用空調販売へ 上洋、回帰投資や飲食業需要に対応(02/21)

PCBの臻鼎が印工場計画、20年に量産へ(02/21)

1月の自動車販売、27%増の3.3万台(02/21)

和泰汽車、日本仕様の新型プリウス投入(02/21)

台北の工作機械見本市、商機は20億米ドル(02/21)

「蝦皮」での県市別消費額、18年は彰化が最高(02/21)

電源デルタ、自動車用好調で18年は4%増益(02/21)

台湾ファミマ、沖縄県産鶏卵の販売開始(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン