• 印刷する

テイクオフ:中華系タイ人として待ち…

中華系タイ人として待ちに待った春節(旧正月)がやってきた。春節と言えば、やはり一番の楽しみは「アンパオ(お年玉)」である。年上の親戚やきょうだいが年下の者に与えるのが常なので、1年で最も年長者が多いありがたみを感じる日でもある。

ただ中国人旅行者の増加とともに、春節は中華系だけのイベントではなくなった。中国の連休中に多くの中国人が大挙としてタイを訪れるので、商売人にとっては旅行者から「お年玉」を得る絶好のチャンス。大手小売店だけでなく、道ばたの行商人も鼻息が荒い。自宅がある中華街では、春節を前に屋台の商品価格が上昇する。昨年は、春節時に価格を2割上げ、そのまま据え置いた行商人もいた。

「価格つり上げは不当」と言うは易し。春節を祝う人から少しでもおこぼれを得るためなら、自分も2割は上げるだろう。(人)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

世銀が政権発足遅れを懸念 成長予測3.8%、民間投資に影響も(04/26)

レムチャバン港入札、NPCが資格審査落ち(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

タイ・ラオス鉄道、一帯一路会議で協力覚書(04/26)

航空関連13事業、PPP方式で実行へ(04/26)

3月の6空港利用者、1%増の1295万人(04/26)

荷揚げ機キトー、子会社設立へ(04/26)

学生靴SCS、事業多角化を推進(04/26)

発電Bグリム、中韓企業と協業推進(04/26)

発電公団、原子力技研と核融合装置を開発(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン