ザガイン政府が2件の覚書、投資サミットで

ミャンマー北西部のザガイン管区政府は、28~29日に首都ネピドーで開催された「ミャンマー投資サミット2019」で、中国企業などと2件の覚書(MOU)を交わした。対象事業はバイオマス発電と砂糖の生産。イレブン電子版が29日伝えた。 管区政府の関係者は、砂糖生産事業について…

関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 食品・飲料電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

FMIが西部住宅地の開発完了、政府に委譲(11:53)

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

外国投資、8月までで4割増 前年超えも目標達成は困難に(09/24)

独系卸売メトロ、国際食品安全基準を取得(09/24)

ヨマ銀、ウェーブマネー代理店に無担保融資(09/24)

ヤンゴン、外国人はインド人が23万人で最多(09/24)

米の数学教室マスナジウム、ミャンマー進出(09/24)

中国、資源パイプラインへの反対沈静へ広報(09/24)

未公開株式投資会社が業界団体、日系も参加(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン