バッテリーの寧徳時代、18年は減益の見通し

福建省寧徳市に本拠を構える新エネルギー車(NEV)用バッテリー大手の寧徳時代新能源科技(CATL)は29日、2018年12月期本決算の業績予測を発表した。純利益は35億3,100万~37億5,000万元(約575億~610億円)となり、前年から3.3~8.9%減少する見込み。 毎日経済新聞系ニ…

関連国・地域: 中国-福建
関連業種: 自動車・二輪車その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ナガ3号館の計画書まだ 財務経済省、着工時期は未定(05/22)

米企業に出荷停止広がる、華為禁輸措置で(05/22)

テイクオフ:枇杷(ビワ)が旬を迎え…(05/22)

米追加関税、5800億元に影響 IT製品生産額、華為も追い打ち(05/22)

成長率上限、2.5%に下方修正 米中貿易戦争の下振れリスク懸念(05/22)

米排除に強気姿勢、華為CEO(05/22)

華為CEO、「備えは十分」 米の締め付けに強気(05/22)

中国事業「今秋から回復」、三菱電機社長(05/22)

石油燃料車、50年に全面禁止も=民間予測(05/22)

タタ決算、JLR不振で2882億ルピーの赤字(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン