バンコク首都庁、大気汚染の管理区域を設定

タイのバンコク首都庁(BMA)は、バンコク首都圏で「大気汚染管理区域」を設けることを明らかにした。昨年末から悪化している煙害(ヘイズ)対策の一環で、同区域では道路の閉鎖や迂回(うかい)を求められるほか、事業活動によって排出される汚染物質の規制などが実施される。…

関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車その他製造マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東部チョンブリ県の叔母…(11/20)

低い生産性、タイに追いつけ 経営改革へ「日本式」伝搬(上)(11/20)

トヨタが渋滞緩和へ実証実験 首都で第2フェーズ、AIを活用(11/20)

首都空港第2期拡張、来年11月に供用開始(11/20)

ジェトロ、EVの標準化でワークショップ(11/20)

三菱自、トライトン特別車の新モデル投入(11/20)

三菱自、小型車2モデルをフェースリフト(11/20)

タイ3社、ミャンマーの太陽光発電所を稼働(11/20)

日鉄エンジと大ガス、東レのエネ効率化実施(11/20)

石化インドラマ、4Q以降の業績回復を予測(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン