• 印刷する

科技園と騰訊、フィンテックで連携

香港政府系ハイテク産業団地の香港科学園(サイエンスパーク)を運営・管理する香港科技園公司(ホンコン・サイエンス&テクノロジー・パークス・コーポレーション=HKSTP)は29日、中国本土のIT大手、騰訊(テンセント)とフィンテック(ITを活用した金融サービス)分野での連携に向けた覚書を締結した。科学園に入居するスタートアップ企業などを対象に、フィンテック事業の拡大を支援する。30日付信報などが伝えた。

騰訊は電子マネーやブロックチェーン(分散型台帳技術)、人工知能(AI)といった強みを生かしながら、科学園に入居する企業のフィンテックの発展を後押しする。企業向けのプラットフォームも整備する。

HKSTPと騰訊はAIやロボット、医療とITの融合といった分野でも協力を強化する。覚書には、騰訊の科学技術イノベーション促進に向け、科学園内の研究施設を貸し出す内容も盛り込んだ。

HKSTPの黄克強(アルバート・ウォン)最高経営責任者(CEO)は騰訊との連携について、「より多くのIT企業やスタートアップ企業を誘致できるだけでなく、科学園に入居する各社の知識や専門技術の向上につながる」と強調。騰訊の鄭浩剣・フィンテック担当副総裁は「香港のフィンテック発展に貢献したい」と述べた。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

住宅取引の増加に期待 不動産業界、ローン新措置で(10/18)

施政報告、経済団体から注文相次ぐ(10/18)

MTRの新3路線、1年以内に詳細計画(10/18)

豪議会、インドネシア・香港とのFTA批准へ(10/18)

深セン湾検問所、来年から24時間体制に(10/18)

科技分野の人材誘致計画、対象範囲を拡大へ(10/18)

香港の日系企業数、今年も2位を維持(10/18)

金管局、銀行業界に中小企業支援強化を要請(10/18)

続伸、不動産銘柄の好調続く=香港株式(10/18)

M&AとIPO減少の見通し、米法律事務所(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン