大気汚染物質を5年後半分に、環境省

韓国環境省は30日、2024年までに微小粒子状物質「PM2.5」など大気汚染の原因となる物質の排出量を16年比で約52%(約9万3,000トン)減らす計画を発表した。 韓国中部発電などの発電大手5社が24年まで計6兆5,000億ウォン(約6,400億円)を投じる。燃料を石炭から液化天然ガス…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

韓国のPM2.5、5割は国内要因で発生(17:23)

ユニクロ、国民年金の加入者数が大幅減(19:50)

静岡県、韓国最大の食品展で販路開拓へ(19:56)

低い生産性、タイに追いつけ 経営改革へ「日本式」伝搬(上)(11/20)

テイクオフ:つまみ食い成功――。顧…(11/20)

ネット消費が実店舗を浸食 早朝宅配の普及、小売りに打撃(11/20)

上場企業の業績、7~9月期に底入れか(11/20)

精米輸出大手、韓国系とパーム糖の加工工場(11/20)

LGU+、5Gコンテンツなどに大規模投資(11/20)

サムスン電子系列、インド法人を相次ぎ設立(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン