• 印刷する

テイクオフ:旧正月(春節)が迫って…

旧正月(春節)が迫ってきた。この時期はバーベキューポーク「肉乾(バクワ)」や海鮮類などの消費が増えるため、毎年こうした食品の価格が上昇する。

バクワは訪問客に振る舞ったりギフトとして贈ったりする。ただでさえ価格が上がるのに、今年は新たな上昇要因が発生した。インドネシアが生きた豚のシンガポール向け輸出を停止したのだ。輸入された豚は国内でさばかれバクワなどに加工される。当初は関係者の間で「例年以上にバクワの価格が上がる」と懸念されていた。ただ当地ではオーストラリアなどからチルド・冷凍豚肉を輸入しており、現時点で供給量は足りているという。

中華圏では亥(い)年はイノシシ年ではなくブタ年。ブタは多産多幸を象徴する縁起の良い動物だ。今年のえとにちなんで豚肉をいつもより多く食べる人もいるかもしれないが、価格はこれ以上つり上がらないでほしいものだ。(雪)


関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: 食品・飲料社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仕事が終わって最寄り駅…(03/21)

域内企業幹部、19年に楽観的 人材のスキル不足は懸念材料(03/21)

1年半で42の金融機関に罰金、不正取引など(03/21)

テマセク子会社、CEOにサンドラセガラ氏(03/21)

米FCストーン、UOBの清算・決済子会社を買収(03/21)

株価反落、金融最大手DBSは0.3%安(03/21)

エニーマインド、VGIなどから資金調達(03/21)

グラブ、後払い決済など金融サービス拡充(03/21)

PSA、ポーランドのコンテナターミナル取得(03/21)

車両購入権価格、二輪車のみ値下がり(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン