不動産オリジン、今年は住宅15件を新規開発

タイでコンドミニアム(分譲マンション)などの不動産開発を手掛けるオリジン・プロパティーは28日、年内に販売総額260億バーツ(約900億円)の住宅開発事業15件に着手する計画を発表した。年末にはホテル2軒の開業も予定している。 ピラポン最高経営責任者(CEO)によると…

関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイのビーチへ旅行を計…(04/25)

タイ国境鉄道、実用化に課題 運営・設備整わず、輸送網に遠く(04/25)

アマゾンが輸出支援を本格化 タイに支援部隊、中国企業を追う(04/25)

1~3月の新車販売、11%増の26万台(04/25)

2019年3月のタイの新車販売台数(表)(04/25)

タンチョンとスバル、タイ車組立工場を開所(04/25)

ベンツTTC、AMGブランドセンター設置(04/25)

デスティニ関連会社、航空機2社の点検受注(04/25)

ニルヴァーナ、大和ハウスと一戸建て開発(04/25)

フレイザーズ、シンガの自動化企業に出資(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン