• 印刷する

中国鉄鋼HBIS、印系タタスチール買収

インド系の鉄鋼大手タタ・スチール(タイランド)は28日、中国製鉄大手の河北鋼鉄集団(河鋼集団、HBIS)の出資を受け入れると発表した。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、タタの筆頭株主であるTSグローバル・ホールディングス(TSGH)とHBISの完全子会社ヘブスチール・グローバル・ホールデイングが株式の売却で合意した。

TSGHの保有する全株式57億1,847万株(67.9%)を、HBISとTSGHがシンガポールに設立する合弁会社に1株0.79バーツ(約2.73円)、総額45億1,759万バーツで売却する。合弁会社の出資比率はHBISが70%、TSGHが30%。売却手続きは3~4カ月以内に完了する見通し。新会社はタタの完全買収を目指し、今後強制的な株式公開買い付け(TOB)を実施する方針。


関連国・地域: 中国タイインド
関連業種: 鉄鋼・金属金融

その他記事

すべての文頭を開く

豚コレラの発生確認、中国とタイが禁輸措置(06/25)

テイクオフ:タイの映画館では、必ず…(06/25)

富士ゼロ、再資源化工場閉鎖 長年実績も電子ごみ輸入規制響く(06/25)

ケーヒン、トヨタからエンジン部品を初受注(06/25)

不動産シンハ、ミャンマーで複合施設開発へ(06/25)

工業団地アマタ、フランスで航空産業誘致(06/25)

PNNキャピタル、英不動産5物件を販売(06/25)

東南アのEC市場、急成長も宅配に課題(06/25)

空港高速鉄道開発、来月初めにも契約へ(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン