再生エネ業界、入札取り消しで政府に失望感

インドで再生可能エネルギー事業を手掛ける企業の間で、政府への失望感が広がっている。実施済みの入札が取り消される事例が相次いでいることが理由。エコノミック・タイムズ(電子版)が29日に伝えた。 入札取り消しの背景には、できるだけ有利な条件で電力を調達したい政府の思…

関連国・地域: インド
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:冷戦時代、日本と欧州の…(07/17)

上期の住宅販売は22%増 回復基調続く、供給の6割が低価格(07/17)

現代自、EV事業に200億ルピーの投資計画(07/17)

18年度農産品輸出額、7月初旬まで11%増(07/17)

電動二輪ヒーロー、南部で工場設置を計画(07/17)

印企業の景況感、6月は過去最低水準に低下(07/17)

6月の卸売物価は2%上昇、2カ月減速(07/17)

貿易赤字、6月は152.8億ドルに低下(07/17)

インド企業、気候変動のリスクを懸念(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン