日韓外交は交流強化で打開を、元大使が提言

【ソウル共同】韓国の申珏秀元駐日大使は、元徴用工訴訟判決やレーダー照射問題で対立する日韓関係は「国交正常化以後、最悪の状況ではないか」と述べ、強い危機感を示した。日韓は安全保障や経済面で互いに重要な隣国だと強調、両国の首脳が頻繁に往来するシャトル外交や、民間交…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

双日など日本連合、通信網受注 70億円、華為・KT連合に競り勝つ(11/22)

「国産化」リスクの声高まる 国際貿易のメリット生かせず(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

9月末の家計負債、過去最大も増加幅は縮小(11/22)

現代自、米で次世代SUVコンセプト発表(11/22)

〔政治スポットライト〕豪NZ外相、G20名古屋外相会合に出席(11/22)

韓進グループの趙会長「航空事業に注力」(11/22)

ウィニア大宇、メキシコ売上高が過去最高(11/22)

SKエナジー、貨物車休憩所に太陽光発電設備(11/22)

LS電線がエジプト進出、電力ケーブル生産(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン