• 印刷する

インドフード子会社、パーム油認証団体脱退

インドネシアの食品最大手インドフード・スクセス・マクムールの農園事業子会社、ロンドン・スマトラ・インドネシアがこのほど、食品メーカーや環境団体などでつくるパーム油認証団体「持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」から脱退を表明した。同社が労働者の権利を侵害しているとするRSPOの調査結果に不満を表明したのが理由。29日付ジャカルタ・ポストが伝えた。

インドネシアの労働者の権利保護団体、OPPUKのヘルウィン事務局長は「脱退は、労働者の権利を侵害している社内の諸問題について解決を拒否したことと同じだ」と非難した。

ロンドン・スマトラ・インドネシアの労働問題については、OPPUKと米国の森林保護団体レインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)、国際労働権フォーラム(ILRF)が2016年、児童労働や賃金の不払い、危険な労働環境などを指摘し、RSPOに報告。RSPOは昨年6月に実施した調査の結果、児童労働の証拠はなかったものの、申し立てのほとんどが事実であることを確認した。RSPOは新たに、収穫時の時間外労働の強制、生理休暇の請求拒否、男女間の賃金格差などの権利侵害も確認した。

ロンドン・スマトラ・インドネシアは17日、調査結果を不服としてRSPOからの脱退を発表した。同社は今後、インドネシア政府が11年に導入した「持続可能なパーム油の国内規定(ISPO)」にしたがって事業を行う方針を示している。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料農林・水産雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

韓国のクク電子、浄水器でインドネシア参入(21:46)

プルタミナ、モザンビークのLNG購入(21:46)

定年後に備え毎月貯金、3割止まり(22:04)

テイクオフ:大統領選まで2カ月を切…(02/21)

パパママストアに変革(下) ワルン・ピンタール創業者に聞く(02/21)

ダイハツ小売り台数、1月はシェア18.7%(02/21)

豪との貿易協定締結で自動車の輸出拡大か(02/21)

完成車輸入、5カ月連続で1万台突破(02/21)

首都―スラバヤ間の高速バス運行を検討(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン