アタプー県のダム決壊、弔慰金71万ドル支出

ラオス南部アタプー県サナムサイで2018年7月に発生した洪水の犠牲者71人に対し、1人当たり1万米ドル(約109万円)の弔慰金が支払われた。洪水は建設中のダムの決壊に伴い発生。49人が死亡、22人が行方不明となった。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が29日伝えた。 首相府が2…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス中銀、仮想通貨取引は「違法」と警鐘(05/23)

割賦ティティコン、二輪不振で目標引き下げ(05/23)

カシコン銀、ラオスで銀行代理店展開を計画(05/23)

首都空港、第2ターミナル建設を計画(05/22)

EV協会、ASEANでEV基準統一に意欲(05/22)

高速道MPTC、ミャンマーなどの計画撤回(05/22)

パクセーで5S研修、日本が支援(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン