米が華為副会長ら起訴、対イラン制裁違反で

【ワシントン共同】米司法省は28日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が米国の対イラン制裁を逃れるために虚偽の説明をしたほか、米通信大手TモバイルUSからロボット技術を盗んだなどとして、ファーウェイ(本社・広東省深セン市)や孟晩舟副会長兼最高財務責任者…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:上海から江蘇省蘇州まで…(02/20)

工作機械輸出、中国向け3割減 1月5%減、3カ月連続マイナス(02/20)

一帯一路で初会議、事業の選択は必要と首脳(02/20)

対日輸出、18年は微増止まり 相対的な地位低下を危ぶむ声も(02/20)

大湾区、イノベ・金融に重点 知財保護、金融商品の取引推進も(02/20)

春節明けの求人難が内陸波及 産業移転の中西部、若者は流出(02/20)

香港車両の本土通行を利便化へ、大湾区(02/20)

米中貿易協議、21~22日にワシントンで(02/20)

豪への海外投資額、米が中国抜き1位に(02/20)

前海の機能強化へ、大湾区計画綱要(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン