• 印刷する

首都に2区新設、行政効率化へ

カンボジアの首都プノンペンに2つの「区」が誕生した。内務省の要請に応える形で、フン・セン首相が決定。行政サービスの効率化を促進する。クメール・タイムズ(電子版)が28日に伝えた。

フン・セン首相が署名した閣僚会議令によると、新たに誕生するのはボンケンコン区とカンボル区。内務省は人口増などを理由に、両地区を独立させて新たな「区」に制定するよう要請していた。特にボンケンコン地区は外国人が多く住んでいることで知られる。

ボンケンコン区は、ボンケンコン第1~3地区など6カ所のコミューン(地区)で構成される。うちトゥールスバイプレイ第1、第2地区など3カ所は、チャムカーモン区からボンケンコン区に移管された。カンボル区はポーセンチェイ区に所属する6カ所とダンカオ区に含まれる1カ所の地区を移管して構成される。

同省の幹部は27日、新たな区の創設は効率的な自治体運営を進める上で必要な措置と指摘。5月までに両区の業務を担当する職員を確保するため、作業部会を開催することを明らかにした。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

地方政府の予算倍増へ 内務省、職員6千人も配置転換(02/20)

投資法改正が再燃、当局幹部が言及(02/20)

商業省、コメ輸出業者に新制度活用呼び掛け(02/20)

首都で渋滞深刻化、公共交通の利用進まず(02/20)

「法の支配」ランク、再びワースト2位(02/20)

サム・レンシー氏に追加容疑2件、調査終了(02/20)

小口金融AMK、信用機構と提携し情報開示(02/20)

福祉政策予算の配分調整を、アジア開銀(02/20)

18年電力自給率85%に改善 中国が主導、料金引き下げ進む(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン