プラボウォ陣営、当選確率の差は11ポイント

4月17日に実施されるインドネシア大統領選挙について、野党第1党のグリンドラ党は、同党のプラボウォ・スビアント党首と現職のジョコ・ウィドド大統領の当選確率はプラボウォ陣営が低いものの、その差は最大で11ポイントにすぎないとの独自の調査結果を公表した。28日付テンポ(…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

EUパーム規制、隣国と連携して対抗措置も(19:10)

ファーストジェン、台湾で地熱発電検討(18:11)

西ジャワ州、北部にスーパー経済特区整備へ(13:30)

小売りトランスマート、ハラル認証を取得(13:51)

エネ鉱省、年内に製錬所3カ所が稼働へ(15:15)

テイクオフ:「多汗症か」と思うほど…(05/27)

【ASEAN戦略を聞く】外資でアジアトップ5へ SOMPO、東南ア軸に(05/27)

西ジャワ水力発電を商業運転 関西電力、海外初の自主開発(05/27)

選挙結果に異議申し立て、プラボウォ陣営(05/27)

暴動による経済損失、最低でも7.6億円(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン