サムスンがR&Dに重点、今年1千人雇用へ

韓国サムスン電子がインドで研究開発(R&D)に力を入れている。2019年はR&Dセンターのスタッフとして、インド工科大学(IIT)などから約1,000人を雇用する計画だ。人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)の機能を搭載した製品の開発を強化する。ビジネス・ライ…

関連国・地域: 韓国インド
関連業種: IT・通信雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

電動三輪タクシーで実証実験 パナ、バッテリーの効率使用探る(05/17)

MG、第1弾「ヘクター」はハイブリッド車(05/17)

自動車販売低迷で部品業界打撃、生産縮小も(05/17)

米中摩擦はインドの好機=マヒンドラ会長(05/17)

貿易赤字、4月は153億米ドルに拡大(05/17)

ムルガッパ、130億ルピーの設備投資計画(05/17)

BtoB新興企業数、過去5年で3倍超に(05/17)

モンスーン到来、気象局の予測は6月6日(05/17)

食品通販グロファーズ、2億ドルの資金調達(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン