• 印刷する

18年12月の輸出物量指数、0.2%上昇

韓国銀行(中央銀行)が発表した「2018年12月の貿易指数および交易条件指数」によると、輸出量を示す輸出物量指数は148.07と、前年同月に比べて0.2%上昇した。

輸出物量指数は2010年の輸出量を100として算出。調査が難しい船舶や武器、航空機は除く。

工業製品は148.25と0.2%上昇。「石炭および石油製品」(13.9%上昇)や「輸送設備」(18.6%上昇)が大きく伸びたが、「石油および革製品」(8.7%下落)、第1次金属製品(4.6%下落)などが下落した。

農林水産品は100.76と4.0%上昇した。

一方、12月の輸入物量指数は133.21で3.1%下落した。農林水産品(130.48、5.8%上昇)は上昇したが、鉱産品133.28(2.2%下落)、工業製品は落とした。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、折り畳みスマホ発表 大手では初、4月に発売へ(02/22)

テイクオフ:韓国の街を歩いてみれば…(02/22)

旗艦モデル「S10」シリーズ発表、サムスン(02/22)

1月の輸入物価指数、11カ月ぶりの低水準(02/22)

東芝メモリが上場へ、政投銀が3千億円出資(02/22)

SK会長、持ち株会社の取締役会議長を退任(02/22)

サムスンが折り畳みスマホ、5G対応機種も(02/22)

大韓モータース、ミニトラックが越で好調(02/22)

規制サンドボックス、年内に100件以上選定(02/22)

初の「スマート産業団地」、2カ所決まる(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン