• 印刷する

テイクオフ:「98年は辛かった」。…

「98年は辛かった」。今年70歳になるマレーシア人の知人が切り出した。1997年にタイで起きたアジア通貨危機は98年にマレーシアにも飛び火し、通貨リンギの米ドル相場は最大で50%減価した。GDP成長率はマイナス7%台にまで落ち込んだが、マハティール首相(当時)の手腕で翌年には6%台に急回復した。

当時の一連の流れを歴史の教科書のまま、マクロ的視点で受け止めてきたが、国民それぞれの生活にはもちろん、さまざまな影響が及んだ。知人は40歳代半ばまで公的機関に勤めた後、波に乗る国内経済に背中を押される形で93年に物流事業で会社を興した。

だが「97年には倉庫からモノが消え、98年に自己破産した」と大不況を振り返る。妻と子どもを実家に帰して、一人クアラルンプールで残務処理に追われた。アジアの深層は俯瞰と仰視でようやく見えてくる。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:弊オフィスの並びにある…(06/19)

エアアジア、新型機材を導入 中長距強化で欧米路線の再就航も(06/19)

衣料品販売ショーイチ、JBに2号店開業(06/19)

RM=25.8円、$=4.18RM(18日)(06/19)

公共交通機関でのキャッシュレス拡大方針(06/19)

UWCが来月上場、5740万リンギ調達へ(06/19)

ぺステック、イラクで変電所の建設工事受注(06/19)

不動産ダマンサラ、スレンバンで複合開発(06/19)

ジョ州イケアモール、来客1.5千万人見込む(06/19)

米サンミナ、中国からペナンに拠点移設(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン