• 印刷する

テイクオフ:昨年末からバンコクで息…

昨年末からバンコクで息の詰まる暮らしが続いている。町中に出れば汚染された空気が肺に入り込み、白いもやが目をかすませる。特にヘイズ(煙害)が悪化する通勤時、マスクをつけた人々の表情は「もううんざり」といった様子だ。

暗うつとした雰囲気に絶えられず、週末に東部チョンブリ県のリゾートに避難した。海と山に囲まれた大自然で、楽に呼吸ができることのありがたさに気付く。空気が透き通っていて、木々や空の本来の色を思い出した。

カシコン銀行傘下の研究所によると、ヘイズがタイの観光産業に与える経済的損失は推計35億~122億円。外国人旅行者がタイでの旅行計画をバンコクから地方に変更する傾向も高まっているという。確かに海外に住む友人に、いまのバンコク旅行は到底おすすめできない。今週末はどこに逃げようか、そればかりが頭を巡っている。(志)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

NEDOが車再利用の実証 トヨタと協力、解体や制度設計で(02/15)

大型バイク販売会、カワサキは3モデル発表(02/15)

車販売マスター、5G普及見込み新事業計画(02/15)

【「スポーツ×アジア」の新時代】タイ人が日本の地方都市に注目するワケ(02/15)

デルタ、タイ関連会社の買収手続きへ(02/15)

三洋化成、帯電防止剤の生産に36億円(02/15)

家具TCM、英ブランドを米国に輸出(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

タイ国境、3月から冷凍肉・魚の輸入停止(02/15)

蛇口のオーシャン、子会社2社を設立(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン