外国人労働者146万人で最多、10年で3倍

【共同】厚生労働省は25日、2018年10月時点の外国人労働者が146万463人に達し、07年に届け出が義務化されて以降、過去最多を更新したと発表した。前年より14.2%、約18万人の増加となった。08年には約49万人だったが、この10年間で3倍に増えた形だ。 少子高齢化の影響で働き手の…

関連国・地域: ベトナムインドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

サムスンSDS、越IT社に戦略的投資へ(18:38)

ホンダ、四輪販売3万台超え 新モデル投入で過去最高更新狙う(05/27)

1~5月のFDI、70%増の167億ドル(05/27)

不動産への外国投資、1~4月に36%増(05/27)

通信2社、近くモバイルマネー実施へ(05/27)

フェイスブックの投稿規制、6倍に拡大(05/27)

ベトテル、固定回線を無償で2倍速化(05/27)

韓国政府、ICT企業の越進出を積極支援(05/27)

韓国IT企業が進出、システム構築提供へ(05/27)

ビンコマース、ベトナム初のバーチャル店舗(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン