• 印刷する

タタ、7月以降に高級ハッチバック投入

インドの自動車大手タタ・モーターズは、2019/20年度第2四半期(19年7~9月)に高級ハッチバックを発売する計画だ。PTI通信が25日に伝えた。

乗用車部門のトップを務めるマヤンク・パリーク氏が明らかにした。昨年の自動車展に出品したコンセプトカー「45X」をベースにしたモデルで、マルチ・スズキの「バレーノ」が競合になるという。

■ディーラー2千店目指す

パリーク氏は、21/22年度までにディーラー網を現行の約800店から約2,000店に拡大する方針も明らかにした。新車販売の好調に乗じて攻勢を掛ける考え。同社の昨年4~12月の乗用車販売は、市場の伸び(前年同期比4.4%増)を上回る約2割のペースで拡大した。

ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)によると、中古車の販売事業も拡大する方針。タタは09年に認定中古車の販売を開始したが、事業規模はまだ小さいため、販売網の増強などを通じて需要を取り込む考えだ。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:髪型にこだわりがなく、…(04/25)

首都近郊に日本企業向けSEZ バングラ、9月に造成工事を開始(04/25)

ASUS、インドのノートPC市場で存在感(04/25)

給油所にEV充電設備、石油省に支援要請(04/25)

日精樹脂、チェンナイに新事務所を開設(04/25)

省エネ型のエアコンと冷蔵庫、販売が低迷(04/25)

ソフトバンク、通信ジオに30億ドル出資検討(04/25)

インフォシス、クラウドで中国華為と提携(04/25)

地場太陽光、英政府系が27億ルピー出資(04/25)

エムファイン、日本のVCなどから資金調達(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン