マルチ・スズキ、10~12月は17%減益

インドの自動車最大手マルチ・スズキが25日発表した2018/19年度第3四半期(18年10~12月)決算は、純利益が前年同期比17.2%減の148億9,300万ルピー(約231億円)だった。コモディティー(一次産品)価格の上昇や為替変動などが影響した。 売上高は0.1%減の1,892億6,400万ルピー…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

インフラ事業へ参加も、韓印会談で協力確認(02/22)

トヨタ中古店で「新車」販売 スリランカ、日本製が人気(02/22)

二輪ロイヤルのスト、労使交渉が不調に(02/22)

高品質鉄鋼のBIS認証義務化、4月に延期(02/22)

トラクターのソナリカ、1月輸出台数が倍増(02/22)

東電PG、ダッカ電力と変電所コンサル契約(02/22)

太陽光発電設備の総容量、18年末は28GW(02/22)

サウジ皇太子、1千億ドルの投資を示唆(02/22)

4~12月のFDI流入、7%減の335億ドル(02/22)

長城汽車、インドに子会社設立(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン