• 印刷する

テイクオフ:2011年3月11日、…

2011年3月11日、どこで何をしていたか、覚えている人は多いのではないか。記者になって5年目だった自身は西日本の某市役所の記者クラブにいて、巨大な津波が街を飲み込む映像をぼうぜんと見ていた。

「福島の時計の針は止まっていない。復興のプロセスを歩んでいる」。香港を先日訪れた福島県の内堀雅雄知事の言葉からは、被災したあの日の福島が前に進んでいる現状を知らせたい、という決意が伝わってきた。農産物の輸出量、県内の外国人宿泊者数がいずれも震災前の水準を超えていること、新酒のコンテストで金賞を数多く受賞していること。来年の東京五輪では福島県で野球・ソフトボールの試合も行われる。いかに自身が福島について知らなかったのかを痛感した。

テレビの前でただ立ち尽くしていたあの日から間もなく8年。福島が復興に向かう姿を自分の目で見てみたくなった。(祐)


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

大湾区綱要のシンポ開催 構想の可能性や取り組みを説明(02/22)

東莞の固定資産投資、5年で1兆元規模へ(02/22)

11~1月の失業率、10期横ばいの2.8%(02/22)

石垣市が食材提案、中華シェフがアレンジ(02/22)

ララムーブ、シリーズDで3億ドル資金調達(02/22)

銀行各行、大湾区地域で新事業模索(02/22)

HKEX、深センのフィンテック企業買収へ(02/22)

続伸、IT銘柄が急上昇=香港株式(02/22)

宮古・下地島空港に就航、香港エクスプレス(02/22)

深セン、越境車両のオンライン手続き可能に(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン