• 印刷する

ラーメンのチャブトン、20年までに50店目標

タイの流通大手セントラル・グループ傘下のファストフードチェーン運営会社セントラル・レストランツ・グループ(CRG)はこのほど、日本のラーメンチェーン「ちゃぶ屋とんこつらぁ麺CHABUTON(チャブトン)」の総店舗数を2020年までに50店に増やす計画を明らかにした。今年は5~6店を開設する。

先にバンコクのプラカノン地区のコンドミニアム(分譲マンション)「ウィズダム・ワン・オー・ワン(Whizdom 101)」に新店舗を開設。現在は18店舗を展開している。

ナタポン上席副社長によると、今後は東部パタヤ、東北部の主要都市などにも進出する。1店当たりの開設費用は800万~1,000万バーツ(約2,800万~3,500万円)。

ラーメン業界の競争に打ち勝つため、今年は店舗増設、既存店改装、マーケティングなどに1億バーツを投じる。メニューを平均15%値下げし、テイクアウトとデリバリーを強化する。昨年の売上高比率は、店内飲食が97%、テイクアウトが1%、デリバリーが2%だったが、今年はそれぞれ70%、10%、20%にすることを目指す。チャブトンの昨年の売上高は2億3,000万バーツで、今年は10%増収を目標に定めた。


関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:イスラム教のアザーン(…(02/20)

18年のGDP成長率は4.1% 民間消費けん引、6年ぶり高成長(02/20)

ポルシェ大幅値下げ、今年の販売目標650台(02/20)

マプタプット港拡張、PTT・ガルフが応札(02/20)

サラブリ県でスマートバス、4月に運行開始(02/20)

不動産仲介ERA、コンド開発事業に参入(02/20)

Q4に住宅譲渡が急増、ローン規制控え(02/20)

JBIC、外観検査デクシスのタイ事業支援(02/20)

EGAT、10年間で2兆円を設備投資(02/20)

タイオイル決算、在庫損失拡大で6割減益(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン