• 印刷する

首都に新区誕生も、自治体行政区分を見直し

カンボジア内務省は、地方自治体の行政区分見直しを検討している。中部コンポントム州での新たな行政地区創設を皮切りとして、首都プノンペンやシアヌークビル州での新たな市の創設などをフン・セン首相に要請した。地元各紙(電子版)が伝えた。

コンポントム州では、フン・セン首相が今月8日に署名した閣僚会議令に基づき、バライ郡の一部から8カ所のコミューン(地区)を分離し、新たにタインコーク郡を創設する。バライ郡の人口増に対応する措置で、面積4万1,553ヘクタール、人口7万2,367人が新たな郡の管轄下に入る予定だ。

内務省は、ほかの地域でも行政区分の見直しを進める方針。サル・ケン内務相はフン・セン首相に対し、首都プノンペンでは、中心部のボンケンコン地区とカンボル地区を独立させ、新たな「区」に制定するよう要請。さらに南部シアヌークビル州のタイ湾に位置し、複数の島から成るロン島地区を「市」に昇格させるよう求めた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中銀が電子通貨の決済導入 世界初、日系ソラミツが開発(11/21)

縫製品輸出額、1~9月は13%増(11/21)

湖南省の企業幹部ら訪問、13億米ドル投資へ(11/21)

小口金融機関の取扱高、1~9月は急増(11/21)

香港、中国国歌に大ブーイング W杯予選で(11/21)

低い生産性、タイに追いつけ 経営改革へ「日本式」伝搬(上)(11/20)

シアヌークビルにSEZ開設、4カ所で計画(11/20)

国内初の原油生産、来年上半期に開始へ(11/20)

精米輸出大手、韓国系とパーム糖の加工工場(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン