プノンペン特区社、不動産子会社を設立

カンボジアのプノンペン経済特区社(PPSP)は25日、不動産子会社「サハス・プロパティーズ」を設立したと発表した。経済特区(SEZ)開発に必要な土地の手当てなどを円滑にすることで、事業拡大を目指す。 総資産は40億リエル(約1億1,000万円)で、PPSPが100%を出資…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

日本が食糧援助3.5億円、被災地の缶詰供与(10/21)

チップモン、首都の衛星都市開発事業を取得(10/21)

建設投資認可額、1~9月は34.7%増(10/21)

ゲンダイエージェンシー、カジノ事業から撤退(10/21)

縫製産業のセクハラ、経済損失は97億円(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

太陽光発電プライム、カンボジアに進出へ(10/21)

7~9月のコンド供給、5100戸以上(10/18)

欧州3国、EUの経済制裁回避に協力約束(10/18)

銀行間決済システム、中銀が試験的に始動(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン