19年の予測昇給率は4.5% 前年から下落、賃金上昇へ懸念

NNAが韓国に進出している日系企業を対象に実施した現地社員の給与動向調査で、2019年の予測昇給率は前年実績(5.1%)から0.6ポイント低い平均4.5%となった。韓国政府は2年連続で最低賃金を10%以上引き上げたこともあり、9割以上の企業が賃金上昇を「感じる」と答えた。許容…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ネット専用銀申請の2行、ともに不認可(17:05)

農協銀、金融網からファーウェイ機器排除へ(18:35)

ロッテ、カード子会社売却でMBKと本契約(16:13)

サムスンSDS、越IT社に戦略的投資へ(18:38)

世界の人材ランク、シドニーとメルボが上位(17:13)

テイクオフ:韓国はカフェ天国だ。街…(05/27)

隔週4日も、進む働き方改革 中小との格差拡大も(05/27)

在日韓国企業53%「悪影響」、日韓関係悪化(05/27)

サムスン電子副社長2人が逮捕、粉飾決算で(05/27)

2年目有給手当、企業負担に=労基法改正後(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン