• 印刷する

高速料金のスマホ決済、年内に全国で

中国交通運輸省の呉春耕報道官は24日の定例会見で、一部の高速道路で導入している通行料のスマートフォン決済を、年内に全国へ広げると発表した。自動料金収受システム(ETC)の利用を促進していく一方で、有人料金所の利用者に対する利便性の向上も図る。

呉報道官によると、スマホの決済アプリを使って高速道路料金を支払う方法は、上海市や山東省、江蘇省など14省市で既に対応済み。そのほか北京市や広東省、重慶市などでも試験的な導入が始まっている。

呉報道官はまた、2018年の交通分野における固定資産投資額が3兆1,800億元(約51兆4,900億円)に上ったと明らかにした。内訳は道路・水路向けが2兆3,000億元、鉄道向けが8,028億元、航空向けが810億元だった。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中台勢がテレビ市場席巻、国内大手は高級路線(02/21)

香港・本土の企業資金接続 HKMAが検討、大湾区の一環(02/21)

テイクオフ:日本から河津桜の便りが…(02/21)

HSBCの18年12月期、香港は2割増益(02/21)

社会福祉サービスを底上げ 中央18省庁が計画、消費にも期待(02/21)

ホンダ英工場21年生産終了、欧州不振で米中注力(02/21)

保険のFWD、大湾区市場の開拓に意欲(02/21)

永久債との手形交換、人民銀が初実施(02/21)

完成車輸入、5カ月連続で1万台突破(02/21)

「1号文件」は今年も三農、優先発展を強調(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン