• 印刷する

高速料金のスマホ決済、年内に全国で

中国交通運輸省の呉春耕報道官は24日の定例会見で、一部の高速道路で導入している通行料のスマートフォン決済を、年内に全国へ広げると発表した。自動料金収受システム(ETC)の利用を促進していく一方で、有人料金所の利用者に対する利便性の向上も図る。

呉報道官によると、スマホの決済アプリを使って高速道路料金を支払う方法は、上海市や山東省、江蘇省など14省市で既に対応済み。そのほか北京市や広東省、重慶市などでも試験的な導入が始まっている。

呉報道官はまた、2018年の交通分野における固定資産投資額が3兆1,800億元(約51兆4,900億円)に上ったと明らかにした。内訳は道路・水路向けが2兆3,000億元、鉄道向けが8,028億元、航空向けが810億元だった。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

全ての村にネット通販、22年めどに物流整備(05/24)

米系のVRテーマパーク、横琴で7月開業(05/24)

「第3の通信会社」、買収で事業免許取得(05/24)

中華電信、華為販売見合わせ 他社も様子見、シェア拡大に暗雲(05/24)

深セン、検問所の改革実行へ 皇崗は貨物通関停止、両地一検も(05/24)

警備設備の関連業界に波紋 米の制裁懸念で、株価は急落(05/24)

中台連合のJDI支援、決定に至らず(05/24)

新しい横琴検問所、年末に供用開始へ(05/24)

日本企業、華為向け製品への対応急ぐ(05/24)

【一帯一路の現場から】日本の投資待つ、ハンバントータ港開発(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン