ジョ州、北部への投資に5年の租税免除を検討

マレーシア・ジョホール州政府のオスマン・サピアン首相は24日、重点的に開発する同州南部のイスカンダル・マレーシア(イスカンダル開発地域=IDR)以外の指定地域に投資を行った場合、最長5年の租税免除措置を適用することを検討していると明らかにした。主に州北部が対象に…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

イオンクレ、追徴税で高裁から召喚状(16:28)

テイクオフ:当地のコンビニで酒類を…(07/16)

違法たばこシェアが世界最高 正規品販売の大手3社が苦境(07/16)

マレーシア航空再建、日本から資金調達も(07/16)

RM=26.2円、$=4.11RM(15日)(07/16)

中小企業の5割以上が損保未加入、アクサ(07/16)

19年の人口増加率0.6%、過去10年で最低(07/16)

「若年層」引き下げで対象人口500万人減少(07/16)

ガス価格の引き上げ、産業界から懸念の声(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン