化学大手SKC、酸化プロピレンで海外へ

韓国の化学素材大手SKCが環境配慮型の生産技術を武器に、ポリウレタンなど各種化成品の原料となる酸化プロピレン事業を海外に拡大している。2025年をめどに生産量を100万トンに増やす。 25日付韓国経済新聞によると、SKC蔚山工場の化学生産本部では酸化プロピレンの生産が活…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 化学


その他記事

すべての文頭を開く

韓進のスービック造船所、操業を停止(16:55)

イディヤコーヒー、平沢に焙煎工場設立(18:02)

化粧品アモーレ、香港ワトソンズと提携(18:02)

金剛山観光事業の再開を提案、韓国政府(17:32)

テイクオフ:ソウルのタクシー運賃が…(02/19)

法人税に悩む韓国勢 負担率が増加、米と明暗(02/19)

韓国の双竜自、首都に旗艦販売店を開設(02/19)

韓流コンテンツ好調、日韓冷却なんのその(02/19)

SKB、ケーブルTV地場大手と合併へ(02/19)

韓国2社、越カイメップの物流会社を買収(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン