化学大手SKC、酸化プロピレンで海外へ

韓国の化学素材大手SKCが環境配慮型の生産技術を武器に、ポリウレタンなど各種化成品の原料となる酸化プロピレン事業を海外に拡大している。2025年をめどに生産量を100万トンに増やす。 25日付韓国経済新聞によると、SKC蔚山工場の化学生産本部では酸化プロピレンの生産が活…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 化学


その他記事

すべての文頭を開く

海外へのFDI、1Qは前年同期で45%増加(15:46)

アットシグナル、韓国同業とウェブ保安で提携(18:27)

韓国の5月原油輸入が11%減、イラン制裁で(17:15)

ハンファ傘下、ファーウェイ系部品調達縮小(17:33)

テイクオフ:あれはハルジオンだろう…(06/17)

首都の衛星都市開発進まず 韓国主導、資金難で業者逃亡(06/17)

徴用工裁判後に対日貿易1割減 民間研究所発表、交流維持が糸口(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

半年以上滞在の外国人、健康保険加入が義務(06/17)

情報共有中断も、米がファーウェイ使用なら(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン