• 印刷する

ガルーダ、創立記念で乗務員が70年代の制服

インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空は24日、創立70周年の記念事業の一環として26日、首都ジャカルタ―大阪(関西空港)など7路線で、乗務員が1970年代の制服を着用して乗務にあたる「ビンテージフライト」を運航すると発表した。

対象となる区間は、◇ジャカルタ―大阪◇ジャカルタ―アチェ州バンダアチェ◇ジャカルタ―西パプア州ソロン◇ジャカルタ―ジョクジャカルタ特別州◇ジャカルタ―東ジャワ州スラバヤ◇北スマトラ州メダン―ジャカルタ◇バリ州デンパサール―ジョクジャカルタ特別州――の7路線。

26日のGA888便(ジャカルタ―大阪)の機内で抽選会も実施する。景品はジャカルタ―北京の無料往復券と、財閥リッポー・グループ傘下の電子マネー・ポイントサービス「OVO(オボ)」の100万ポイント引換券で、当選人数はそれぞれ1人。このほか、全ての搭乗客にベーカリーショップ「ブルーダル・チョクロ」のペストリーも提供する。

GA889便(大阪―ジャカルタ)でも30日、ビンテージフライトを運航。乗務員が70年代の制服を着用するほか、機体も70年代の復刻デザインを施す。

当日はガルーダ航空の乗務員が1970年代の制服を着用して乗務にあたる(同社提供)

当日はガルーダ航空の乗務員が1970年代の制服を着用して乗務にあたる(同社提供)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

韓国のクク電子、浄水器でインドネシア参入(21:46)

プルタミナ、モザンビークのLNG購入(21:46)

定年後に備え毎月貯金、3割止まり(22:04)

テイクオフ:大統領選まで2カ月を切…(02/21)

パパママストアに変革(下) ワルン・ピンタール創業者に聞く(02/21)

ダイハツ小売り台数、1月はシェア18.7%(02/21)

豪との貿易協定締結で自動車の輸出拡大か(02/21)

完成車輸入、5カ月連続で1万台突破(02/21)

首都―スラバヤ間の高速バス運行を検討(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン