飲料F&N、ソーダ税対策で商品開発に注力

シンガポール系飲料大手のフレーザー&ニーブ・ホールディングス(F&N)は23日、政府が計画する「ソーダ税」の導入を視野に入れ、商品構成の見直しを進める方針を示した。増税による値上げを回避するため、新製品の開発にも力を注ぐ方針だ。24日付スターが伝えた。 F&Nのリ…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:南北に長いマレー半島側…(04/25)

PtoPファイナンスが急拡大 18年の調達額、前年比5.5倍に(04/25)

3月消費者物価0.2%上昇、3カ月ぶりプラス(04/25)

RM=27.0円、$=4.13RM(24日)(04/25)

タンチョンとスバル、タイ車組立工場を開所(04/25)

クラナジャヤ線、新型車両を20年から投入(04/25)

デスティニ関連会社、航空機2社の点検受注(04/25)

プロトン、新アイリスとペルソナを発表(04/25)

ナザ・ユーロ、シトロエン小型USVを発売(04/25)

ベンツ代理のCCB、他ブランド販売を検討(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン