ロカン鉱区の生産量減少、新規投資が必要

インドネシアのリアウ諸島州にある国内最大級の石油ガス鉱床、ロカン鉱区の生産量が減少している。50年以上操業を続けていることから、生産量の減少は避けられず、可採埋蔵量を発見するためには新たな投資が必要とされている。ジャカルタ・ポストが24日伝えた。 石油ガス上流事業…

関連国・地域: インドネシア米国
関連業種: 建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(16:12)

BRIが国内で首位を維持、米誌ランキング(12:52)

テイクオフ:非ムスリムの外国人にと…(05/23)

大統領の課題は分断社会修復 プラボウォ氏との和解実現が急務(05/23)

落選のプラボウォ氏「暴力行為はやめて」(05/23)

選挙結果の抗議デモが一部暴徒化、6人死亡(05/23)

21歳女子大生が中ジャワ州の最年少県議に(05/23)

大統領選結果、世論調査の得票率速報と僅差(05/23)

首都議会、国政野党が過半議席を獲得(05/23)

ジョコ大統領再選を実業界は歓迎、株価上昇(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン