ロカン鉱区の生産量減少、新規投資が必要

インドネシアのリアウ諸島州にある国内最大級の石油ガス鉱床、ロカン鉱区の生産量が減少している。50年以上操業を続けていることから、生産量の減少は避けられず、可採埋蔵量を発見するためには新たな投資が必要とされている。ジャカルタ・ポストが24日伝えた。 石油ガス上流事業…

関連国・地域: インドネシア米国
関連業種: 建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアで生活する…(02/18)

地場3位の事業を引き継ぎ 車競売JBA子会社が業界首位に(02/18)

KL少年野球大会、400人の選手たちが熱闘(02/18)

トヨタと国営鉱業、車輪用合金の供給で提携(02/18)

1月の貿易収支、4カ月連続で赤字(02/18)

18年12月対外債務、前年同月比7%増(02/18)

東芝テレビ撤退完了、現地子会社の株譲渡で(02/18)

豪インドネシア、IA―CEPAを3月締結(02/18)

プルタミナ、ジェット燃料価格値下げ(02/18)

首都圏のLRT、運賃は1万2000ルピア(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン