自動車業界、労使対立が新たなリスクに

2019年早々、韓国の自動車業界で労使対立に対する懸念が広がっている。生産と国内販売、輸出の不振に加え、米国が韓国製自動車に高率の関税をかける可能性も高まる中、労使問題が新たな火種となっている。24日付毎日経済新聞が伝えた。 自動車最大手の現代自動車と起亜自動車は、…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

製薬5社、18年売上1兆ウォン超える(02/22)

折り畳みスマホ、100万台販売目標=サムスン(02/22)

インフラ事業へ参加も、韓印会談で協力確認(02/22)

サムスン、折り畳みスマホ発表 大手では初、4月に発売へ(02/22)

テイクオフ:韓国の街を歩いてみれば…(02/22)

旗艦モデル「S10」シリーズ発表、サムスン(02/22)

1月の輸入物価指数、11カ月ぶりの低水準(02/22)

東芝メモリが上場へ、政投銀が3千億円出資(02/22)

SK会長、持ち株会社の取締役会議長を退任(02/22)

サムスンが折り畳みスマホ、5G対応機種も(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン