• 印刷する

SBI、韓国でのネット銀行設立に関心

SBIホールディングス(東京都港区)が韓国でのインターネット専業銀行の設立に関心を見せている。韓国金融監督院が23日に開催したネット専業銀行に関する説明会に、傘下のSBI貯蓄銀行関係者が参加したことが分かった。大手生命保険会社の教保生命やネット証券のキウム証券からコンソーシアム(企業連合)参加への打診があったためだ。

SBIホールディングスは日本でインターネット専業企業、住信SBIネット銀行を運営するなど、業界に対する知識やノウハウが豊富だ。

しかし、同社の韓国のネット専業銀行参入に対しては「メリットが小さい」との見方がある。すでに、通信大手KTなどが出資した「K―バンク」とIT大手カカオが主導する「カカオバンク」が先行しているだけでなく、地場の金融機関もネットバンキングに力を入れており、第3のネット銀行の運営会社として本命視されたIT大手のネイバーやネット通販のインターパークは早々にネット専業銀行への参入を取りやめている。

SBIホールディングスの広報担当者はNNAの取材に対し、「まだ情報収集の段階で、具体的に決まったことは何もない」と話した。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

フェローテック、韓国関連会社が法違反起訴(02/15)

ハンファ、トルコの太陽光事業から撤退か(02/15)

国産戦闘機向け部品の加工開始、KAI(02/15)

デジタル印刷に商機あり オフセットからの転換需要が拡大(02/15)

23年に売上2兆円、韓進が経営刷新案(02/15)

現代自「エラントラ」19年モデル生産開始か(02/15)

現代・起亜自の新卒採用、各部署で随時に(02/15)

自動車3社、投資に向け優遇措置を求める(02/15)

文大統領が釜山訪問、スマート都市造成(02/15)

サムスンが新技術、ブロックチェーン関連で(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン