トヨタ、3代目ヴィオス発売 1月稼働の新工場で生産

トヨタ自動車は24日、マレーシアで全面改良した小型セダン「ヴィオス」(3代目)を発売した。マレーシアでは2003年に初代を市場投入して以来、累計販売台数は42万台に上る。ヴィオスはトヨタが東南アジアやインドなどの新興国向けに開発したモデルで、同社のラインアップの中で最…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

4月新車販売、前年比6.2%増 プロトン、SUV伸張で2位浮上(05/24)

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(05/24)

RM=26.2円、$=4.19RM(23日)(05/24)

華為への米制裁、長期的に好機との見方も(05/24)

ペンタマスター、半導体不振も業績に自信(05/24)

旅客サービス料改定、10月までに決定へ(05/24)

パンコール空港が10月開港、観光振興に期待(05/24)

首都圏住民の9割、不動産価格に割高感(05/24)

住宅クラウド融資、業界では賛否両論の声(05/24)

全宇、工研院から植物由来の糖質生産技術を取得(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン