トヨタ、3代目ヴィオス発売 1月稼働の新工場で生産

トヨタ自動車は24日、マレーシアで全面改良した小型セダン「ヴィオス」(3代目)を発売した。マレーシアでは2003年に初代を市場投入して以来、累計販売台数は42万台に上る。ヴィオスはトヨタが東南アジアやインドなどの新興国向けに開発したモデルで、同社のラインアップの中で最…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレー系マレーシア人の…(02/21)

エアアジア、ラオス便を強化(02/21)

港湾規模の格差がさらに拡大 対シンガポール、国家政策が必要(02/21)

RM=27.2円、$=4.07RM(20日)(02/21)

KTM複線改良事業、工事費35%圧縮へ(02/21)

不動産市場は今年も低迷、供給過剰など影響(02/21)

タンチョン、日産新型SUV「テラ」を発売(02/21)

サンウエー建設、テナガ本社の改築受注(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

ボーステッド、ブキビンタンのホテル売却へ(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン