I.T、3Qの香港・マカオは2%減収

香港のアパレル小売大手I.Tは23日、同社の第3四半期に当たる2018年9~11月の香港・マカオ市場の既存店売上高(現地通貨ベース)が前年同期比1.8%減少したと発表した。同時期に多発した台風の影響や、消費意欲の減退が減収を招いた。 このほかの既存店売上高は、中国本土市場…

関連国・地域: 香港マカオ
関連業種: 繊維小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港中小企業の未回収金、昨年133億ドルに(16:53)

香港と本土の薬品当局が協定 大湾区での認証、巨大市場に期待(05/23)

香港の優遇措置、6月にも発表=韓正副首相(05/23)

タンタビン工業団地開発、土地調査を開始(05/23)

香港の駐在員コスト、18年は6位に後退(05/23)

香港の若者、注目ブランドは微信支付(05/23)

家具の敏華、米向け生産をベトナムに移管(05/23)

反発、米中関係の緊張後退で=香港株式(05/23)

軽食チェーンの太興、6月に香港上場へ(05/23)

コカ・コーラ、環境保護と健康分野に注力(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン