• 印刷する

新市場「科創板」創設を承認、党深化改革委

中国共産党は北京で23日開いた中央全面深化改革委員会の第6回会議で、上海証券取引所にハイテク・イノベーション関連企業に特化した新市場「科創板」を創設し、併せて株式発行登録制度を試験的に導入することを承認した。新華社電が伝えた。

習近平総書記(国家主席)が主宰した同会議は、科創板の創設と、株式の募集や売り出しをより機動的に実施できるようになる発行登録制度の試験導入について、資本市場改革を深化させる上で重要な措置と認定した。ハイテク・イノベーション企業の資金調達を容易にし、自主技術の研究開発(R&D)の力を高める効果、スタートアップ意欲の喚起などを狙っているとみられる。

上海市政府は22日、上海証取での科創板の創設と発行登録制度の試験導入に向けた作業が進行中で、近く関連規則の意見公募(パブリックコメント)を行うと明らかにしていた。香港紙報道などによると、科創板は今年前半にも開設されるという。

ほか中央全面深化改革委員会の会議では、義務教育の質を高める施策や天然林の保護、2018年の活動総括なども承認した。

中央全面深化改革委員会は国家の各領域で改革を進めるための最高協議機関。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

米国債保有残高、23カ月連続で中国が首位(11:37)

観光促進に4戦略、国境観光や特別割引(12:17)

PLDT、華為などと5G商用化で交渉(11:36)

「デモの経済影響小さい」 著名学者、基盤安定を強調(06/18)

テイクオフ:ドラゴンボートレースは…(06/18)

MINISOが100店舗突破 売上40億ルピーへ、ECにも進出(06/18)

レアアース規制「策定中」 発改委、対米輸出規制を再度示唆(06/18)

訪台中国人観光客が大幅回復 ビザ条件緩和が奏功、5月82%増(06/18)

中国人のコンド需要半減、バーツ高が影響(06/18)

首都で来月、中国製電気バスの試験走行開始(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン